雑学

マイ億君と「粗品の呪い」とは

PR


吉本の公式オンライン配信サービスでは、チケットの購入によって芸人さんたちの様々なライブイベントを自宅にいながら堪能できます。 インターネットが利用可能なスマホやパソコンで利用でき、ライブ配信終了後も一定期間は見逃し視聴が可能です(期間は公演ごとで異なります)。

オンラインライブは、劇場のチケットはちょっと値段が高いという方、会場よりも家で観たいという方、当日は行けないという方などにおすすめのサービスです。

マイ億君と「粗品の呪い」とは

お笑いコンビ霜降り明星のツッコミ担当の粗品さん。本名は、佐々木直人と言います。

吉本興業の所属芸人で、粗品という芸名は、「つまらないものですが」という謙虚な姿勢という意味が込められています。

1993年1月生まれの大阪府大阪市出身。実家は焼肉屋「味希みき」で、たびたびテレビやラジオ、YouTubeなどでもネタを交えて取り上げられることがあります。

粗品の実家の焼肉屋味希で登録者100万人突破を祝います!!【霜降り明星】

粗品さんは、霜降り明星というコンビとしてM-1を優勝しただけでなく、ピンとしてR-1も優勝しています。

このR-1グランプリに最初に出場したのは、2009年、粗品さんが高校一年生のときで、このときは一回戦敗退。

以降、高校二年時には二回戦敗退、そして高校三年時には、まだ現役高校生にも関わらず、R-1グランプリで準決勝まで進出するなど、若い頃からお笑いの才能を発揮し、高校時代にお笑いの大会で出会ったせいやさんと、2013年、霜降り明星を結成します。

粗品さんと言えば、独特のツッコミの手振りや、絶対音感のある音楽的な才能の他に、破滅型と言ってもいいほどのギャンブル好きと多額の借金持ちとして有名です。

このギャンブルを教えた“師匠”が、元芸人で大阪市内にある居酒屋『ハチマル蒲鉾』店主の河内慎太郎さんです。

河内さんは、粗品さんが20歳になった瞬間に、パチンコや競馬などギャンブルを教え込んだそうです。

【秘蔵トーク】霜降り明星せいやがハチマル蒲鉾に来店してくれました

同じく芸人時代の後輩に当たる霜降り明星のせいやさんが、店のYouTubeチャンネルに出演した際、粗品さんのギャンブルについても二人で語り、せいやさんは「(粗品がギャンブルにハマったのは)河内さんのせい。出会ったときはあんなんじゃなかった」と指摘しています。

さて、ギャンブル好きの粗品さんは、自身のYouTubeチャンネルで、「生涯収支マイナス1億円くん」(粗品さんの友人という設定)という名前で競馬の予想も行なっています。

生涯収支マイナス1億円くんは、名前を省略して、「マイ億君」と呼ばれることもあります。

この生涯収支マイナス1億円という名前の通り、粗品さんは競馬で大金をはたいて勝負し、大負けするということもしばしば。この負けっぷりも気持ちがいいことから、ギャンブル好きのファンも少なくありません。

粗品さんのギャンブルへの想いを見ていると、かつて詩人の寺山修司が、ギャンブルにまつわる文章で書いていた「名言」を思い出します。

「競馬やカードをよくやるそうですが、平均してみると儲かっていますか、損してますか?」というのがある。

私は思わず失笑する。「平均してみると」とは何事であるか。あるときは勝って喜び、あるときは負けて口惜くやしがるのが人生であり、それを決して「平均」しないところに、一喜一憂の恍惚と不安があるのである。

(中略)

「明日になれば、思いがけないことが起こるかも知れない」だから「明日何が起こるかわかってしまったら、明日まで生きるたのしみがなくなってしまう」のである。

これが賭けというものであろう。

出典 : 寺山修司『ぼくは話しかける』

そんな粗品さん(マイ億君)の競馬予想に関し、必ずついて回る言葉が「粗品の呪い」です。

呪い、というと、ちょっと穏やかではない言葉ですが、一体「粗品の呪い」とはどういった現象なのでしょうか。

粗品の呪いとは、このYouTubeチャンネルの競馬予想で、粗品さんが本命に挙げた馬が、たとえ人気馬であったとしても、思いっきり馬券圏外に外れる現象を意味します。

粗品さんに狙われたら最後、どれだけ強い馬も馬券圏外になり、大敗して大外れ、馬券を買った人たちも、まるで逆答え合わせのように、自分の買った馬券の馬が、粗品さんに選ばれないようにお願いするほどです。

この「粗品の呪い」という言葉は、毎回競馬のレースのたびに、ツイッターでトレンド入りしているほど浸透しているキーワードでもあります。

また、ツイッターのトレンド入りだけでなく、Yahoo!ニュースなど、競馬ニュースにも取り上げられ、競馬ファンだけでなく、関係者や一般の人も目にする機会が多い言葉でもあります。

スポニチ競馬の記事では、粗品の呪いの過去の“戦績”も紹介されています。

本命馬がことごとく沈むため、巷で“粗品の呪い”と恐れられているマイ億君の予想。22年のG1の本命はフェブラリーSがエアスピネル9着、高松宮記念がダイアトニック14着、大阪杯では昨年の年度代表馬エフフォーリアが9着となり、桜花賞ではラブリイユアアイズが最下位18着。皐月賞は逃げ馬デシエルトがスタートでつまずくというまさかの展開で16着に沈み、天皇賞(春)はマカオンドールが11着、NHKマイルCではキングエルメスが6着だった。

ヴィクトリアマイルは1番人気レイパパレが12着、オークスはナミュールが初めて馬券内の3着に入ったが、馬券は外れた。単勝で勝負した日本ダービーは1番人気のダノンベルーガが4着。安田記念で本命ソングラインが勝利し、馬連が的中してひとまず“解呪”となったが、宝塚記念でエフフォーリアが6着となった。

出典 : さあ秋のG1開幕 粗品の“呪い”か“祝い”か…スプリンターズSの本命はあの3歳牝馬

基本的に「粗品の呪い」ゆえに外れることの多い粗品さんですが、本当にときおり的中させると、「ついに粗品の呪いが解けた」と、これはこれでトレンド入りし、YouTubeでも、盛大に調子乗りを発揮させます。

たとえば、粗品さんは2022年のG1安田記念でソングラインを本命に挙げ、見事的中させています。

本日の安田記念について

ただ、安田記念で呪いが解けたと思いきや、宝塚記念で再び呪いは発動され、秋のG1スプリンターズステークスでも本命馬のナムラクレアが5着に終わっています。

とは言え、確率的に言えば、そもそも馬券は外れることも多いでしょうし、番組やYouTubeなどのプロの予想であれば、本来「当たる」ことに価値が置かれるはずなのに、「外れる」ことをエンターテイメント化させること自体、粗品さんの芸的センスと巧みさと言えるのかもしれません。

PR

吉本の公式オンライン配信サービスでは、チケットの購入によって芸人さんたちの様々なライブイベントを自宅にいながら堪能できます。

インターネットが利用可能なスマホやパソコンで利用でき、ライブ配信終了後も一定期間は見逃し視聴が可能です(期間は公演ごとで異なります)。

オンラインライブは、劇場のチケットはちょっと値段が高いという方、会場よりも家で観たいという方、当日は行けないという方などにおすすめのサービスです。