雑学

粗品の呪いとは

粗品の呪いとは

お笑いコンビ霜降り明星のツッコミ担当の粗品さん。本名は、佐々木直人と言います。

吉本興業の所属芸人で、粗品という芸名は、「つまらないものですが」という謙虚な姿勢という意味が込められています。

粗品さんは、霜降り明星というコンビとしてM-1を優勝しただけでなく、ピンとしてR-1も優勝しています。

また、破滅型と言ってもいいほどのギャンブル好きとして有名で、粗品さんのYouTubeチャンネルでは、「生涯収支マイナス1億円くん」(粗品さんの友人という設定)という名前で、競馬の予想も行なっています。

この生涯収支マイナス1億円という名前の通り、競馬では大金をはたいて勝負し、大負けするということもしばしば。この負けっぷりも気持ちがいいことから、ギャンブル好きのファンも少なくありません。

粗品の呪いとは、この競馬予想で、粗品さんが本命に挙げた馬が、たとえ人気馬であったとしても、思いっきり馬券圏外に外れる現象を意味します。

粗品さんに狙われたら最後、どれだけ強い馬も飛び、馬券を買った人たちも、自分の買った馬券の馬が、粗品さんに選ばれないようにとお願いするほどです。

この「粗品の呪い」という言葉は、毎回競馬のレースのたびに、ツイッターでトレンド入りしているほど、浸透しているキーワードでもあります。

外れることの多い粗品さんですが、本当にときおり的中させると、「ついに粗品の呪いが解けた」と、これはこれでトレンド入りし、YouTubeでも、盛大に調子乗りを発揮させます。

最近では、粗品さんはG1安田記念でソングラインを本命に挙げ、見事的中させています。

このサイトについて

単なるお笑い好きが運営する、お笑いの世界の専門用語の意味や由来、用例を、一部主観も交えながら紹介するサイトです。

Email : info@owa-rai.com